小さな大学生

答えがでなくても、ぐるぐる考える。

ストップを楽しむ

 

立ち止まることを楽しんでみる。

何もしてみないことを楽しんでみる。

 

何も考えないことを楽しんでみる。

 

そうすると、頭の中に

ずっと前の思い出や、なってみたい私、

行ってみたい場所や空間がうかんでくる。

ぷかぷかとふわふわと、頭の中に漂っている。

 

どんな人になりたいかな?

どんな人に会いたいかな?

 

遠くのことを思っていたら、

近くのことも思ってみる。

 

次にあの人に会えたら、

どんな話をしたいかな?

次にあの場所へ行けたら、

私は何をしたいかな?

 

 

ながれこむ情報が過多になって、

頭も心もぱんぱんにつまってしまった

 

一旦リセットするために、

何もしてみないことにする。

 

 

そうすると、わたしにとって

あ、なんかいいな、これいいな、

次はこれがしたい、

と思えることが浮かんでくる。

 

ぷかぷかと浮かぶ思いに、

いつのまにかどこからか楽しくなってくる。

 

あの場所に行ってみようかな?

あの人に会いに行こうかな?

あの人にメッセージを送ってみようかな?

 

 

 

ストップすることを楽しんでみる。

 

そうしたら、

情報に疲れた「私」の向こうに、

いろんなことをしてみたいと願う「私」が

かくれんぼしていたことを知る

 

みつけにいこう、その「私」を

 

さぁ、今日は何をしよう。