小さな大学生

答えがでなくても、ぐるぐる考える。

小さな幸せのおすそわけ

今日見つけた小さな幸せのおすそわけです。

 

電車の中で、どんぐりを落とした男の子

電車のゆれにも負けず、必死に見つけてきて

手にぎゅっと大切に握っていました。
真剣な目をして、大切な宝物のようにどんぐりを守っていました。

 

私にとって、今の大切な宝物ってなんだろう

と考えさせてくれました。

 

抱っこされた赤ちゃんを見て、

「あかちゃんだ!」と言って喜ぶ

小さな小さな女の子

女の子と赤ちゃんにしかわからない目の会話をして、おかあさんと降りていく赤ちゃんに
「また明日ね!」と言ってにこにこと手を振る

 

明日会えるかわからなくても、

偶然会えた人に「また明日」と言える素敵さ。

本当に明日会えるかは関係ないんだね。

また会いたい、ということを伝えるために

「また明日」っていうんだね。

 

 

家の中にいても、

外に着ていくお気に入りの服を着て

お家お外気分をあじわう。

家の中を移動するだけでも、

お気に入りの服が目に入ることで気分があがる。

 

そして、その服のまま

家のあらゆる床をほうきで掃いて

邪気を払った!という達成感をあじわう。

 

掃除を終えたら、

あたたかい紅茶とチョコレート

高くなくても、とってもおいしく感じる夕方

 

掃除して出てきた書き損じはがき、

郵便局へ切手に交換しにいく。

これでまた手紙が書ける、だれに書こうかな?

だれに送りたいかな?

 

 そして、

小さいことに怒らなくなった自分、

ありがとうございますと言えるようになった自分に気づき、心が明るくなる。

 

 

久しぶりに聞いた「いのちの記憶」からは、

ずっと心に置いておきたい言葉が聞こえてくる

 

「今の全ては過去の全て」

「今の全ては未来の希望」

「必ずまた会える 懐かしい場所へ」

 

この幻想的な空間に、日常にいながら入れることに、不思議な幸せを感じる。

 

 

雨で乾かなかった洗濯物を

乾燥機であたためる。

 

乾燥機からでてきた衣服たちは

かさだかくなって、ふんわりしている。

服のやわらかさとあたたかさ、

こんなところにもほっこりする幸せが隠れている。

 

ふかふかした洗濯物。

きっといつまでも好きなんだろうなぁ。

 

 

夜の風につつまれながら自転車をこぐ。

夜の空気をたべながら、自転車に乗る楽しさと軽やかさで遊ぶ。

 

夜の空気は、ひんやりおいしくて、

夏に食べたかきごおりを思い出す。

 

そして、今、今日を思い出している幸せ。

 

今日見つけた小さな幸せ。

書いていて、思い出していて、

心が優しくなった気持ちになれました。

 

小さな幸せといったけれど、

ぜんぜん、小さくなんかない、

大きさや小ささなんてないだって、

今日気づきました。

 

どんなことでも、

心をあたためてくれるなら、

それは大きな幸せなんだろうな

とてもとても貴重で、大切な幸せなんだろうな

 

そう、思いました。

 

ふかふかした洗濯物をたたみながら、

ふかふかした幸せを思い出す。

 

ふかふかとここにいれる幸せを感じながら、

明日も、一日を大切にすごそうと決める。

 

 みなさまにも、

小さくて大きな幸せがありますように。