小さな大学生

答えがでなくても、ぐるぐる考える。

考えることの笑い声

 

好きな笑い声と嫌いな笑い声があって、

嫌いな笑い声の中に、

げらげらと笑う笑い声がある

 

なんだかげらげらと笑うと、

浅はかなような空気が流れる

 

すべてのものごとを軽く見ているように見えてしまえから苦手

 

考えが浅い人が苦手といいながら

なんで苦手なのかと思ったとき、

きっと自分にもそういうところがあるから苦手なのかもしれない

 

 

ときどき、安易にものを考えたくなる

なんの根拠もなく、適当に簡単に決めたくなる

 

考えたくないときがある

考えたくないときもある

 

きっとそれは、  

失敗したときに、適当に決めたから、と言い訳したいからなんだろうな

 

自分の決定に 責任を持ちたくない 、

というただの怠けゴコロなんだと思う

 

笑い声にもきっと、人の側面が見えるのだろう