月の葉っぱ

夜明けはもうすぐそこに。

はずむボールに思いをのせて

本来は、もっともっとはずむもの

 

表面はとっても強くて

中はふわふわした空気

 

でも、今はどんなボール?

 

上から 右から 左から

どんどん どんどん 空気の圧力が強くなっていって

少しずつ小さくなっていってる?

 

でも 小さくなることなんて

きっとないから

 

このままでは いつか破裂してしまう

 

そうなるまえに

思いをのせて 少し

ほんの少しでいいから はずんでみよう

 

昨日より1mmでも0.5mmでも

上へ向かってはねてみよう

 

とんでみよう

はずんでみよう!

 

きっといつか

その調子でどんどん上へ飛んでいけるようになるから

 

そこに未来を信じて

 

 

今はとにかく

つぶれないように守り抜こう

 

このボールは

いつか

楽しくはずむためにあるのだから

 

 

大丈夫、大丈夫

きっと 大丈夫。

 

 

 

(心をボールのようにイメージしてみると、

 私のボールが元気よくはずむには、もう少し時間がかかりそうです…。

 それでも、いつかこのメッセージが自分を救ってくれると信じて、

 自分へのメッセージをまとめてみました。)

 

*関連記事*

 

atamatokokoro.hatenablog.com

 

おかえりっ

道端に、

小さな子のくつしたが落ちている。

 

まるで、元気いっぱい!って言っているみたい

 

あつくてぬいじゃったのかな、
それとも楽しくて、

もしかしたら悲しかったり、

おこっていたのかも

 

*****

 

おばあちゃんが電車のなかで
足をブラブラしたり

うえ、した、うえ、した、と
ストレッチしている  

 

きっと今、

おばあちゃんは小さい頃を思い出しているのかも

それとも、実際に心は今、その頃のおばあちゃんなのかも

 

なんだか可愛いな


無邪気があふれていて、見ているだけでこちらも元気になる

 


スマホを取り出したりして、

なんだかとても楽しそう

 

その様子を見ていると、
今までは何かに集中しないといけないことが多すぎて

おばあちゃんだけの時間がなかったのかもしれない
 

だからこそ

電車の中の一瞬さえも

こうして楽しんでいるのかな

 

今を、全力で楽しんでいるんだなって

見ていてとても幸せな気持ちになりました

 

おばあちゃんありがとう、

知らない間に人を幸せな気持ちにできるって

本当に素敵。
 
 

*****


最近は、すべきことが目の前に

とどめなくながれこんできて、

何も感じない、感じることができない自分がいました。

 

私の中にある透明のコップ、

その中に日々、あらゆる情報が注ぎ込まれていきます。

 

時に入れたくないものもあったり、

時に容量を空けておきたいと思っても、

日々情報は流れ込んでくる。

 

そして容量がいっぱいになったとき、

何も感じない自分になっていく。

 

きっと、
それでもいいんだろう

でも 私はいやだな

違和感をもったり

あふれる思いに向き合ったり

日々の一瞬一瞬を見つめるその瞬間は捨てたくない

 

はじめに書いた、

くつしたおばあちゃんのお話は

 

本当に久しぶりに自分が感じた小さな幸せでした。

そんな自分におかえりの気持ちと

その瞬間を忘れたくないなと感じ、少し書いてみました。
 
 

 
 
わかりやすい結果
わかりやすい言葉

だれにも通じる言葉で

もっと具体的に
もっとわかりやすく伝えることが求められています。
 
この時を乗り越えたいと
前向きに考え始めていたけれど

いろんなものをみて
何も思わなくなる時間が増えてきました。
 
 
あふれる声に耳を傾けたいのに、

自分の声が
心の声が

聞こえなくなっていく。
 
 
今、私は何を思っているんだろう
今、私は何をしたいんだろう


声が聞こえないままでは

 私は私でいられない気がする

 


同意したり
共感したり  

そういったことが増えてきた今
 
どうして?と孤独を抱えていた自分はどこへいってしまったんだろう
 


 
もうさよならなのかな

それとも聞こえないだけで
そこにいるのかな。

今感じるこの共感は

もしかするとただ合わせているだけ、

本当に自分が想うことに気づいていないから

かんたんに同意してしまうのかもしれない。

 

まだまだ成長していかないとね、

自分の持つコップを増やしたり、

心の声に耳を傾けたり、

一瞬一瞬を楽しんでみたり…。

 


 

つたないつたない文だけど

ようやく
私らしい私が帰ってきたのかなって
思います



小さな大学生が見つけた
小さな幸せ通信


少しずつ復活していけたらいいな。

 

*関連記事*

 

atamatokokoro.hatenablog.com

 

 

 

毎日がゼロからのスタート

 

毎日がゼロからのスタート

 

考えることは

昨日とはまるで違う

 

でも、

同じなのは

心が想うことにしたがうこと。

 

 

頭の中をとうめいに。

思考をゼロにしよう

 

そして

思うことも

感情も

思い出も

 

一旦とうめいにして

 

そうでもなお

何がのこるのか

 

じっと 見つめてみよう

誰かこの声を聞いてよ

星野源さん、化物の歌詞

「誰かこの声を聞いてよ 」

 

毎日 毎日 、

 

もしかすると生まれたときから

ずっと、こうやって叫んでいたのかもしれないな。

 

外には聞こえない

内側からの声で、

内側からの声を。

 

 

 

声を発せない

いつからか自分のことを話すことがどんどん苦手になっていきました。

人といろんなことを話したい!もっともっと話していたい!

そんな気持ちを山ほど持っていたのに、今では少しの言葉を発することにさえ

躊躇するようになってしまいました。

 

何か決定的な嫌なことでもあっただろうか?

そうして思い返してみたものの、

何か言われた話していても楽しくない、

そう感じたことはあまりなかったように思います。

 

じゃあ何で、気楽に発することができなくなったんだろう。

最近はそればかり考えていました。

 

 

  • これは確かか?

最近、言葉や声を発しようと思うたびに

頭の中にあらゆる問いが浮かびます。

 

これは確かなことだろうか?

今私が話そうとしているこの言葉はこの場で必要だろうか?

この言葉は誰かの受け売りだっただろうか。

これから話すことは本当に私が思ったことなんだろうか?

 

少し前からぺらぺらと話す自分に違和感を抱き始め、

発する前に一歩立ち止まってみることを意識するようになりました。

そんなことを繰り返していくうちに、

声を発さない人、声を発せない人

になっていく自分に気づきました。

 

 

  • これでよかったのかな?

頭に浮かんだ言葉をそのままぺらぺら話すことはなくなりました。

でも、今は話すことを楽しめていないことが自分にとって

少し悲しいこととなりました。

 

声を発せない理由はきっと、自信がないからです。

発したいと思う言葉を裏付ける理由、

それが増えていくことできっと話せるようになる、

今はそう思っています。

 

「なんとなく」からはなれて、

立ち止まるようになって、

話せるようになっていく。

 

これはきっと、人の前で話せる人になるまでに

必要な過程なのかなと今は思っています。

 

今でも書くたびに

「んー・・・?」となり、「やっぱり消してまた後で書こう」

と続いていくため、なかなか前へ進むことができません。

 

 でも、それでも今は、 

今思うことをまとめる練習をしていこうと決めました。

 

 

今までふらふらと話していて

誰かを傷つけることがあったかもしれない、

今までふらふらと書いたり、コメントすることで

誰かが「んー。」と不快になったことがあったかもしれない。

 

その時をふり返り、その時から一歩前へ進むために

今立ち止まっている。

 

苦手になったのではない、

きちんと声を発せられる人になるまでの過程を進んでいる!

そう考えながら練習として、

声には出せなくてもここで発せられるように

まとめていこうかな。

 

 

いつか書きたい!と思うことを自信と共に書けるようになるまで、

いつか話したい!と思うことを自信と共に話せるようになるまで 

 少しずつ練習していこうと思います(*´ー`*)

 

 

甘い風

 

この甘い風が

だれかの恋の成就の知らせなら

 

この風にふれた人々のこころは

きっとピンク色

 

なぜかあたたかい気持ちになると思う。

 

なんでだろう、なんかあたたかいって。