月の葉っぱ

夜明けはもうすぐそこに。

目指していく。

 

人を

信じることが難しいくらいの

環境から、

 

人を信じることは

人の心を救うくらい大切だと

学びにきたのだろう

 

 

本当は人を信じたい。

 

でも信じたくない。 話したくない。

 

 

その葛藤を乗り越えて

 

いつしか

人を信じ、人を愛する人になることをめざしていく

 

 

少しずつ、

少しずつ。

 

 

 

 

少しだけわかった。

 

私はきっと

息苦しさを味わいにきた

 

息苦しさを思う存分、

たくさんたくさん 味わいにきた

 

 

そして、それを味わって

乗り越える術を

たくさんたくさん学びに来た

 

 

色々わかってきた

段々わかってきた

 

 

私が生まれてきた意味

私が生きていく意味

 

 

 

すべては必然

 

今は、

心を閉ざして

たくさん言葉を貯めているときなのかな?

 

いつしか

自分の思いを言葉で伝えられるように

 

確固とした軸をもつために。

 

 

 

全ては必然、

全ては学びと成長のためにある。

 

 

私は時間を使わない。

 

私が今

話したくないと願うのは

信じていないから。

 

 

信じたくても

もう信用できないから。

 

これ以上、

傷つきたくない

 

これ以上、

嫌いになりたくない

 

 

わかったふりをして

あとで裏切られると分かっていることに

私は時間を使わない。

 

 

 

私は何を学びにきたのだろう

私は

急かされることで

「落ち着くことが重要と学びにきたのかな」

 

私は

焦らされることで

「自分のペースを学び、貫くことを学びにきたのかな」

 

私は

決めつけられることで、

「相手のことを簡単に決めつけてはいけない、

それによって相手はひどく心が傷つくと学びにきたのかな」

 

私は

話すタイミングが選べないとき

「人には、それぞれ話したいと思うタイミングがある。

そんなことを学びにきたのかな」

 

 

私は

人に相談しても、傷つけられることが多いのは

「人の言葉は、簡単に人の心を傷つけ、

人を信じられないようにまで追い詰めてしまう

ということを学びにきたのかな」

 

または、

「自分の答えは、自分で答えを見つけていくことが、

一番自分の人生を作れる、ということを学びにきたのかな」

 

 

嫌なことを感じながら

私は何を学びにきたのか、

そう感じてみる。

 

 

待つこと、

人を信じること、

信用。

 

これらを、

否定されてきた上で

この先学んでいくことなのかな。

 

 

 

私は何を学びにきたのだろう

 

 

私は自分から扉を開けたい。

 

人にはそれぞれタイミングがあって

 

話したくないときに

話をするよう要求されると

心がにぎりつぶされる

 

 

心を開こうと、

話したいと思えるその時を待とうと 、

しているときに

要求されると

私は再び心を閉ざす。

 

 

急かされ焦らされ

決めつけられると

私は心を開くことをやめる

 

 

心の扉を無理にこじあけようとされたら、

私は鍵をかける。

 

 

わかってる、わかってあげたい

その思いは、

今の私には、

ただの焦りで

優しさではないと

心のどこかで感じている。

 

 

 

 

私は、

自分から扉を開けたい。