小さな大学生

答えがでなくても、ぐるぐる考える。

頭の中のおしゃべりさん

頭の中のおしゃべりさんについて

ちょこっと紹介してみようと思う

 

頭の中のおしゃべりさん、とは

具体的には私の声、私の頭の声、私の心の声

のどれかである

(私はまだ、おしゃべりさんがどの声なのか知らない)

 

私は頭の中のおしゃべりさんと

毎日話をする

 

でも時に、全く声が聞こえないときがある

そんなときは、頭の中も心の中も余裕がなくなっていると知る

 

おしゃべりさんが、

はじけるように楽しくお話ししていたら

私の心は今元気なんだなと知る

 

おしゃべりさんが元気かどうか、

それで自分の心の体調を知る

 

 

私がずっとだんまりしているとき、

なんにも話さないとき、

私の頭の中はびっくりするほどお話ししている

 

もうちょっとしずかにして、

と言ってもとまらない

とにかく話続けている

 

 

一方で、

口からたくさん言葉が出るとき、

私の頭の中はだんまりしている。

 

ずいぶんと退屈そうに座っている。

頭の中のおしゃべりさんが話したい内容ではないものね、そりゃ退屈だ。

 

そんなこと本当に話したいの?なんておしゃべりさんが言う。

でも今はこういう話だから、と私は話続ける

 

私は楽しくない!とおしゃべりさん

私だって楽しくないよ!と私

 

もっと自分の話したいこと話そうよ!

私はもっと静かなところに行きたいよ!とおしゃべりさん

 

ちっとも楽しくないと駄々をこねるおしゃべりさん

 

私が楽しく話していて、

おしゃべりさんも楽しく聞いている

そんなふうに両方が一致することはあんまりない

 

頭も心も、同じことを話せたら

きっと、とっても楽しい

 

心から話したいと思うことを

頭が整理して話す

そんな支え合うようなチームプレー

 

そう一致できるには、

心から話したいことを、話したいと思う人に出会わなくてはいけない

 

 

頭の中がうるさいくらい話し合っているとき

実は外を見ると、ビックリするくらい静まった場所であったりする

 

 

そのとき私は、頭の中のおしゃべりさんと一緒に何度もびっくりする

 

え、今話してたの私だけだったの!

あんなにうるさかったのに!

音楽もなってたんじゃない?

あの人の声もあったよね!

 

なんてお話ししていたりする。

 

人とお話ししていても、

おしゃべりさんは楽しそうにいつまでも話続ける。

 

私は相手の声を聞きながら、

おしゃべりさんの声も聞く

 

それで頭が回らなくなって

ちょっと待ってちょっと待ってとおしゃべりさんにいう

 

おしゃべりさんは思うところがあるのか

とめられると不機嫌になっていく

 

私は相手とお話をしながら

おしゃべりさんのご機嫌もとる

 

おしゃべりさんは相手がいなかったら

ご機嫌になって思う存分話し出す

 

私はそれをただただ聞いて

笑ったり、それはちょっとおかしいよ、とおさえたり

そんなふうになれたら楽しいねと一緒に前を向いて話したり

 

 頭の中のおしゃべりさん、

心の声なのか、頭の声なのか、はたまた小さい頃の自分か

 

外から見えないおしゃべりさん、

外から見えないおしゃべりさんと私の会話

外から見えない私と私との会話

 

 

みなさんはおしゃべりさんの声、聞こえていますか?

話したがっているおしゃべりさんの声、聴いてあげていますか?

 

私は、情報過多になったとき、

おしゃべりさんの声が聞こえません。

 

そんな時に、

心の声が聞きたくて、

おしゃべりさんの声が聞きたくて、

ブログを書き始めました。

 

私と同じように、聞こえてくる声を文字に表したい、

そんなふうにみなさんもブログをはじめたのではないかな、

なんて時に思ったりします。

 

 

おしゃべりさんは自分の本当にしたいことを教えてくれます。

その声を聴きましょう、聴きにいきましょう。

頭のすみっこで、退屈そうに座っているかもしれませんよ。