小さな大学生

答えがでなくても、ぐるぐる考える。

今を忘れないために。

今日、電車の中で大泣きしている小さな男の子がいました。泣いて泣いて泣いて、本当に悲しい気持ちであふれていました。最初は、どうして泣いているのだろうと、遠くから見ていただけでした。

 

でも、気づいたら自分も悲しい気分になりそうなことに気づきました。小さな子の泣き声を聞いていると、心がぎゅーっとにぎりつぶされるように苦しくなりました。小さい頃を思いだして、伝えたいのに伝えられない、伝えたいのに伝わらないんだと思うと、つられて自分も悲しい気分になっていました。

 

でも、私はまだ声をかけられるほど強くない。そして今なら、泣いていた自分から離れて見ることで、外からは本当に何を伝えたいのかわからない。私も、男の子が何を伝えたがっているのかわからない。男の子もどう伝えたら伝わるのかわからない。

 

私はまだ、自分のことさえもうまく伝えられない。だから、男の子が言いたいことも分からないし、きっと理解できてもうまく伝えることはできないと思う。まだ自分にはだれも助けられないんだと知る。

 

でも、願うことだけはできる。なんとか男の子の思いが届きますように、男の子が人に伝えようとすることを嫌わないように、その時がんばって伝えようとしたことを忘れないように。あの男の子は、話すことを嫌わずに、自分の思いを伝えたいと思うまま伝えていけたらいいな。

 

 

今日、このことを記録しようと思ったのは、

もしかしたらこの先、

今のこの気持ちを忘れてしまうかもしれない、

これから先、子どもが泣いていても、なんとも思わなくなってしまうかもしれない、

とふと思ったからです。自分が今そう思うこと、自分が今そう感じること、それはその時だけのもので、今記録しないと忘れてしまいます。

 

自分の思いを忘れたくない、

あのとき、何を考えていたのだろうか、

そんなふうになりたくない。

 

これからの自分のために、

貴重な一日を大切にするために、

過ぎていく今日を記録する。

毎日の思いと考えに向き合って、

毎日ひとつひとつまとめきることで、

毎日次の段階へ行く。

 

そうやって「今日」を守っていくことで、

自分だけの、自分なりの「楽しかった」、

そう思える毎日ができる。

 

そして、いつかそれは

大切な思い出になって、

しんどい時に助けてくれるはず。

 

毎日を守って、忘れないように、

今を忘れないために、

今日も「今日」を記録する。