小さな大学生

答えがでなくても、ぐるぐる考える。

嫌なこと集め

苦手なものについて考える

やりたくないことについて考える

いらないものリストや、

やらないことリスト

 

それらについて考えてみてまとめてみる。

それを公開する人もいる。

まとめたものをじっくり見て、そこから自分の道筋を見る人もいる。

 

そうすることによって自分に不用なものが何かわかる。

 

でも、自分はできなかった。

それらについて考えてみようとしてみた。

だけど嫌な記憶や辛い想像をしてしまって、

それらが頭の中を泳ぐのさえしんどかった。

まとめることはもちろんできないし、

何が嫌か考えるのも、思うのも辛い。

 

 

嫌いなことリスト、

やりたくないことリスト、

やらないことリスト、

まとめることができた人はきっと辛い記憶にもきちんと向き合ったんだろう

考えるときもしんどかったのかな、

まとめるときもしんどかったのかな、

公開するときもしんどかったのかな、

 

 

でも、そんなにも長い時間

自分のやりたくないことについて考えることって自分を暗くさせないだろうか

自分のいらないものについて長く考えることって自分にプラスなんだろうか

 その暗い時間は自分に明るさをいつか返してくれるだろうか

 

そんなに考えることではない?

そんなに深刻ではない?

 

ではなぜ、わざわざ考えて人に見せたりするんだろうか。

自分だけのリストではないのだろうか。

 

 

いつか、自分にも必要とするときがくるかもしれない。でも、まだ、分からないしできない。

 

まだ必要ないのかな、

そろそろ考えてみる時なのかな、

なんだか、よくわからない。

 

自分を知ることって、

自分の嫌いなことについて知ることなんだっけ

それが一歩になると思うのだけど、

公開されているやらないことリストが

どこか似ているのは気のせいだろうか。

似ていたら、ほとんどの人が同じで、

結局それぞれの自分を知ることはできていないんじゃないかな

 

自分の心踊ることこそ、

本当にひとそれぞれ

それについて考えてみる方がきっと心踊る

それについて考えてみることで他と違う自分を知れると思う

 

単純すぎるかな