小さな大学生

答えがでなくても、ぐるぐる考える。

満月の日

きのうは9月9日

父は満月の日だね、と言っていた

なんで満月の日なの?と聞いても、

おばあちゃんがそう言ってたからとしか答えてくれない

 

小さい頃からずっと、9月9日は

父と父の母は一緒に月を見ていたみたい

 

昨日は曇っていたから月は見えなかった

でも、父には月が見えているようだった

おばあちゃんと見たなぁとつぶやいて、

空を眺めている

 

私に合わせて、自分の母を「おばあちゃん」と言う所が、父がただ息子であったという頃ではなく、父になった、父になってしまった、ということを表している気がする。それでも、空を見る父の気持ちは、母と一緒に見ていた頃の気持ちと同じだった。

 

昨日は月が見えなかったけれど、

曇り空の中にあるだけで、

私も、父が見ていた月が見えた気がした。

 

今日もどことなく曇っていて、

何も見えないけれど、

父の話を思い出していたら、

クリーム色のほんのりあたたかいような月が

頭の中に浮かんだ。

 

今日はこの月が、

今日の夜を、ほんのり照らしてくれる。