小さな大学生

答えがでなくても、ぐるぐる考える。

変な髪型だと…。

 

つい最近まで、あまりに髪を短く切られすぎたため、全く外へ出られなかった。自分の顔とあまりに短くなった髪がなかなかフィットしなくて、出掛けた先にあるあらゆる鏡、窓に写る自分が嫌で外へ出られなかった。通りすがる人とは全く関係ないから、へんてこな髪型で歩いている人がいてもいいのだけれど、やっぱり本人がしんどかったら関係ないこともなく。髪がうまくいかないだけで、こんなにも行動が制限されるとは思ってなかった。それなりに納得のいく髪の時は、すぐにでかけていたし、友達の誘いにものるし、誘うし、なんにも考えていなかった。髪は大事だ…。髪がうまくいかないと、服もどれでもいいやとなるし、かばんもどれでもいいやとなる。そしてますます、むすっとした顔で歩くことになる。変でも別にいいもん、とやけくそになってしまう。

 

こんなことしたいな、これ今度参加してみたい!そんなことがたくさんあったけど、この髪じゃ行きたくないと思って、髪を切る前にるんるんで予定していたもの、すべて行かなかった。髪ごときでなんともったいない。でも、どうしても楽しめない気がする。自分の髪が嫌だ嫌だと思っている間はなんにも楽しめない。 

 

 そして、ようやく、髪がのびた。なんとか外出でき、必要なものを買ったけれど、全く外に長居することなく、さくさくと帰ってきた。この髪型に悲しみながら、むかつきながら。そう、むかつく元気も怒る元気も少しずつ出てきた。切られすぎた時はもうすべてがどうでもよくなってしまっていた。気に入らない髪は、ちょっとした風邪のようなものだった。すごくだるいわけではないけれど、外へ出るのがしんどい。そんな感じの風邪にかかっていた。

 

友達に会える日が近づいてきた。以前まであまりにも待ち遠しかったのに、今は、あぁこの日が来てしまったと思ってしまう。髪を切る前に会いたかったとか、髪がもっと伸びてから会いたかったとかもやもや考えている。連絡も少しおっくうになっていると、向こうからの連絡も途絶えがちになる。あんなに楽しみだったのに、髪型ひとつでこんなに嫌な気持ちになるなんて…

 

でも、ま、いっか。

へんな髪型でも行こう。何でもいいや。長いこと部屋にいたから、体も休まって動きたくなってきた。とにかく、会ってしまえば髪のことなんて忘れて、会話を楽しめるかな。髪のことなんて気にせずに、会話することを楽しもう!心から楽しめて良い日を過ごせるように気持ちを高めよう。でもきっと、たくさん笑いあったときなどに、ふと窓や鏡に写った自分を見てかなりショックを受けるだろうな。ちょっと億劫、かなり億劫。

でもまぁ、傲慢な気持ちにならないからいいことなのかも、そう考えて、なるべく、少しでも納得のいく髪型にしてがんばって外に出てみよう。誰も見てないし、誰も気にしない。自分だけが気にしているだけだから、自分がそのことを忘れてしまえばいいんだよね。よし、自分を意識せずに、友達の話だけにのめりこもう。

 

当分は髪を切りたくない。

これからは髪を伸ばそう。

 

 

 

ひさしぶりの、

特に何にもないけど、何かある大学生の日常⑦