小さな大学生

   言葉にあらわせられるか、あらわせられないか、 そんな感じ。

お金を出すときの後ろ姿

 

財布からお金を出すときの後ろ姿

 

街の中にはいろんな後ろ姿がある

スマートにカードを出す人もいれば、

背中を丸めて小銭を必死に探したり、

焦りながら支払っていたり、

小さな子が小さな財布から出していたり 、

 

少しお金を持ちはじめて堂々と支払う大学生だったり、

 

小銭を丁寧に置く人と

お札をばんっと置く人

いろんなひとがいる

 

 

でも、一番きれいな後ろ姿は、

やっぱり店員さんに笑顔を向けているとき

 

それは前面も見えているけれど

後ろ姿にも優しさが表れている

 

後ろ姿ですべてわかるわけはないけれど、

あの人元気そう、今自信をなくしてそう、

など、人の側面が少しだけ見えたりする

 

 

それがお金を支払うときに

一番あらわれるのかもしれない

人の心を振り回すお金に触れているとき

人の心があらわれたりするのかも

 

 

見られてなさそうで、

見られている姿が、一番、

自分の心をあらわしているのかもしれない

 

と思って、少しドキッとした