小さな大学生

答えがでなくても、ぐるぐる考える。

日光はそこまでして避けるもの?

 

今日もたくさんの日傘に囲まれて、

目にささりそうと少しおびえながら、

駅から塊のように学校へ向かう

 

朝学校へ行って、 日が落ちた頃に帰る

 

そんな日は、あまりにも自然に触れていないから 朝の日光くらい浴びた方がいいんじゃないかな、と いつも思っている

 

 

駅から少しの距離も 、

日傘を差している大学生を見て素直に思う

 

通学時間くらい日光浴びてもいいと思うんだけどな

 

思いっきり日焼けしてしまうほど、

歩くわけではないのに、日傘さすのかぁ、

と思ってしまう

きっとみんなUV対策も万全で、その上で日傘も差している。

 

そんなにも、

夏を避けなくてはいけないのかなぁ

 

夏らしい 照りつける日の中、

歩くことはしんどくても、

今だけだ、今が夏でそれを過ごすときなんだ!と思う

 

それでもみんな夏には必死に対抗していく

 

なんか、

自然に対抗する!ってことではなくて、

もっとそのまま、自然に対応していくってことは無理なのかな?そう考えることっておかしいのかな。

今は昔より暑いから 熱中症が危険、

でも、日焼け止めに、日傘に、かつ日光を少しでも避ける、

そこまでして、 日光を避けてしまったら 自然の中を生きることなんて 到底できないような気がしてしまう

 

自然に抵抗!ではなく、

自然に適応!できていったらいいな

 

ただそのまま、太陽の光を浴びていたら

元気になれる気がする。だから、すこしでも

太陽の光を自分の中に吸収してみようとも思ったりする。

みんな日光を浴びる時間が少なかったりするから、元気がでない日があるんじゃないかな。どんなに作られた世界に人が馴染んでも、人はやっぱり自然を求めているような気がする。

 

人間も適応していったら、

強くなれるんじゃないかな 

 

手のひらいっぱいに日光浴びたら

なんとなく、少しでも元気でると思うなぁ

 

かめのひなたぼっこのように。