小さな大学生

   言葉にあらわせられるか、あらわせられないか、 そんな感じ。

電車越しのお店

 

電車の中から見えるお店

景色の中で通りすぎていくだけで、

実際にどこにあるのかはよくわからない

 

入ってみたいな とも思うし、

でも入ってみなくてもいいかとも思う

 

いつか閉店してしまうかもしれない

 

でも、

入ってみたかったなぁという

小さな夢物語のような思い出があるのも楽しいかもしれない

 

想像だけ膨らませて

そのお店には 入らないでおこう

 

 

そこに漂う不思議な雰囲気だけを 

通学の中の小さな思い出にしておこう

 

 

いつかまたここを通るときに

思い出したとき、今の状況を思い出せるとなんか嬉しいな。そのお店が今の自分を記憶していたように。