小さな大学生

答えがでなくても、ぐるぐる考える。

駅までの15分

 

今日は静かな時間をすごそう

 

ウォークマンの電源を切って。

いつも同じ道をいつも同じ曲で進んでいたから、今日はいつもと違う時間を過ごそう

 

 

いつもより早く着いたのに、

いつもより長い時間が過ぎた

 

いつも耳が疲れていたのかもしれない、

音楽の音、車の音、人が近づく音、

すべてに気を張って歩いていたから疲れてた

 

でも、今日は

風の音と、人の音、

それだけに集中できた

 

自分の歩く音、 服がゆれる感覚、

静かなのに、いままでよりずっと、

充実して満たされた時間を過ごした

 

今日はとっても体が軽く感じる

 

 

駅までたった15分

 

たった15分なのに

いつも同じ曲で大切にすごそうとしていなかった

 

たった15分だけなのに

いつも以上に、大切な時間を過ごせた

 

自然の音だけ、

いろんな人の話し声、

風にあたる感覚、 風の香り、

 

たった15分だけでも

スマホも音楽も切って、

その時にしか聞こえない音、

その時にしか見えない景色を見てみたら、 少しだけでもココロの中に余裕がうまれるのかも

 

 

日常のあふれる音の中で、

作られた音に触れない時間も きっと必要

 

いつも聞こえてこない音を

宝物をあつかうように、

大切に、耳を傾けてみたら

 

きっとその時間は

宝物のように大切な時間となる

 

そんな自分だけの宝物のような時間が

たくさんになって、あふれてきたら、

ココロは満たされて、毎日笑っていられるようになる

 

 

 

今を生きよう、その言葉はどこか抽象的で、どこか腑に落ちない

 

でも、 今、そこにある音を聞いてみよう、

と自分なりに解釈してみたら、

今を生きることができる気がする

 

今の音に集中したら、

変わりもしない過去に何か言ったり、

起こらないかもしれない不安に覆われたり、そんな時間を減らせる

 

 

気づいたらいつもの漠然とした不安に覆われていた。

そんなときこそ、今ある音だけに集中して、心をニュートラルな状態にする

 

この時間は今しかないんだな、

と思えたら、今を楽しもう、

と思えるようになるかもしれない

 

今しかないこの時間を明るく過ごすか、

暗く過ごすかは自分次第

 

せっかくなら、ほんの少しの時間でもいいから、明るくすごそうっと!